がん

がんの予防

投稿日:

身近な病気とは言っても、誰だってがんになりたくないですよね。
では、がんを予防することはできるのでしょうか。

がんの予防方法に関してはさまざまな情報があります。科学的根拠のあるものから根拠のないもの、単なる俗説の域を出ないものまで数多くあって、どの情報が正しいのか、どの情報を信じたらいいのか、みなさんもお困りのことでしょう。

そんな中で、がんのリスク要因として科学的に明らかになってきたものがあります。
リスク要因とは、がんが発症する原因に関係していると思われる物事のことです。例えば、喫煙は肺がんのリスク要因です。このことが分かれば、喫煙をしないことが肺がんを予防することになる、と分かります。

リスク要因のひとつは生活習慣です。

喫煙や過度の飲酒、肥満、運動不足といったことが健康によくないということは、誰もが知っていることでしょう。こういった生活習慣の乱れも、がんのリスク要因です。

また、身長が高い人は大腸がんのリスクが高いと言われています。身長が高いのはどうしようもないことですが、それが分かっていれば定期健診を受けて気をつけることができます。

これらはがんになるリスクを上げる要因ですが、逆にリスクを下げる要因もあります。それは、適度な運動や授乳です。適度な運動をすることで結腸がんの予防に効果的であるということ、そして授乳が乳がんのリスクを下げることが分かっています。授乳は子供がいないとできませんが、子供のいない女性は乳がん検診を積極的に受けるなどの対策を行うことができます。

ここまでに紹介したものは、リスク要因として明らかなものですが、これら以外にもリスク要因の可能性があるというものがあります。おそらく関係があるけれど、はっきりとは証明されていないという情報が多くあるのです。

例えば、熱い飲食物を頻繁に摂取していると咽頭がん、喉頭がん、食道がんなど喉のがんになりやすいと言われますが、そのような可能性はあるものの、喫煙と肺がんの関係ほどはっきりとした因果関係が証明されていません。

食べ物もまた、リスク要因のひとつとされています。
がん予防になる食べ物の情報も世の中にはあふれかえっていますので、いったい何を食べればいいのか、本当に効果があるのは何なのか、わからなくなっている人もいることでしょう。

実際のところ、これががん予防に良いと100%言い切れる食べ物はまだ分かっていません。今のところ可能性止まりですが、研究の結果として、多くの野菜はがんのリスクを下げるとして注目されています。

とりあえず野菜中心の食生活を心掛ける、ということから始めてみてはいかがでしょうか。生活習慣の改善と違って、生活に取り入れやすく、誰でも簡単に実践できるのではないかと思います。

-がん
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

がんといかに付き合うか

高齢化や少子化などに伴い、日本人の2人に1人ががんになる時代です。 私もがんになるかもしれませんし、これを読んでいるあなたもしくはあなたの周りの人ががんになってもなんら不思議ではないのが現状です。 が …

no image

癌は遺伝する?

※寄稿記事です。 実は、私の父と母はいずでも癌にかかりました。癌は遺伝するのか? とても気になるところですよね。 父が肺がんで、手術により右の肺と、左の肺の下3分の1を摘出しましたのは66歳の時でした …

no image

「がん」とはどのような病気なのか?

最初に、がんを漢字にしてみると癌になりますが、細かくいってしまえば「がん」と「癌」は同じ意味ではありません。 癌は医学的に上皮細胞由来の悪性腫瘍のことを言います。 この上皮細胞というのは、臓器の上辺を …

no image

がんの恐怖を忘れるには?

がん・・・聞くと、死を連想せずにはいられません。私の心の恐怖心ナンバーワンが「がん」です。 しかし、がんを怖いと恐れても日本人の2人に1人は眼になる時代といわれています。 つまり、恐怖に思う、思わない …

no image

がん治療の特徴と種類

ガンを治療するのはもちろん、患者さんの生命を絶たないようにするためですが、その他にもガンの進行を止めることや、ガンによって苦しい思いをさせないこと、自分らしく生きてもらうために治療が行われるケースもあ …