がん

癌は遺伝する?

投稿日:

※寄稿記事です。

実は、私の父と母はいずでも癌にかかりました。癌は遺伝するのか? とても気になるところですよね。

父が肺がんで、手術により右の肺と、左の肺の下3分の1を摘出しましたのは66歳の時でした。

命が助かったのは幸いでしたが、手術後は体力がガクっと落ちてしまい、自営業で行っていた会社(個人でしたが…)をたたむこととなりました。

癌になった原因ははっきりしていまして、若いころからかなりのヘビースモーカーであるのと、やはり晩酌を欠かさず行っているくらい、お酒が好きだったことが大きいのかな、と思います。

母は、まだ生きていますが、6年前に胃癌を患いました。かなり大きな腫瘍だったので、胃はすべて全摘出になりました。

他の場所への転移がなかったのが幸いで、命を取り留めたと言えるでしょう。

胃癌の原因は、最近では『ピロリ菌』が良く言われますが、おそらく昔堅気で賞味期限が過ぎようが、食べ物を粗末にできないため食べてしまっていたのが原因かと思います。

また、母は3年前に乳癌もわずらっており、こちらも幸いに転移がなく、現在も元気に暮らしています。
癌は遺伝するのか、と言いますと、可能性は高いと思うのが正しいでしょう。
私も理系を大学で専攻しており、遺伝子に関する知識はありますので、自分自身覚悟をしている次第です。

癌とは、通常の細胞が体細胞分裂を行うときに、DNAがコピーミスを起こし、偶然発生する細胞が元になっています。
この細胞はDANが壊れているので、通常の細胞と同じ働きができず、つまり『邪魔な細胞』になります。この邪魔な細胞が勝手に増殖し、正常な細胞を圧迫していく病気が癌になります。

さらにこの細胞は、場合によっては血液やリンパの流れにのり、体の他の部位に移動して増殖をする場合があり、ここが恐ろしいところです。
ただ、最近ではPETと呼ばれる検査もあり、かなり小さいうちに発見することもできますし、手術の技能も格段に進化し、体に負担の少ない術式も確立されています。

早期に発見できれば治療の可能性はかなり高いですし、転移があっても薬剤治療の手段も増えました。
ちなみに、父親はすでに亡くなりましたが、死因はくも膜下出血ですので、癌ではありません。

私も、おそらく体質的に両親と同じで癌細胞ができやすいようですので、健康診断で早期の発見を心がけたいと思っています。

-がん
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

がん治療の特徴と種類

ガンを治療するのはもちろん、患者さんの生命を絶たないようにするためですが、その他にもガンの進行を止めることや、ガンによって苦しい思いをさせないこと、自分らしく生きてもらうために治療が行われるケースもあ …

no image

がんといかに付き合うか

高齢化や少子化などに伴い、日本人の2人に1人ががんになる時代です。 私もがんになるかもしれませんし、これを読んでいるあなたもしくはあなたの周りの人ががんになってもなんら不思議ではないのが現状です。 が …

no image

「がん」とはどのような病気なのか?

最初に、がんを漢字にしてみると癌になりますが、細かくいってしまえば「がん」と「癌」は同じ意味ではありません。 癌は医学的に上皮細胞由来の悪性腫瘍のことを言います。 この上皮細胞というのは、臓器の上辺を …

no image

癌と戦う

※寄稿記事です 癌は、一度なったら基本的に治りません。 「癌は早期発見なら助かる」とある人は言っていました。ゆとり世代の人たちです。想像以上に学の無さを痛感しました。 ガン細胞は、死んだふりをします。 …

no image

がんの予防

身近な病気とは言っても、誰だってがんになりたくないですよね。 では、がんを予防することはできるのでしょうか。 がんの予防方法に関してはさまざまな情報があります。科学的根拠のあるものから根拠のないもの、 …