がん

癌と戦う

投稿日:

※寄稿記事です

癌は、一度なったら基本的に治りません。

「癌は早期発見なら助かる」とある人は言っていました。ゆとり世代の人たちです。想像以上に学の無さを痛感しました。

ガン細胞は、死んだふりをします。治ったのかな?と、勘違いさせます。放射線治療・陽子線治療・サイバーナイフ(逃げるガン細胞を追いかけてやっつける)

ガン細胞は、正常な場所に逃げ込みます。そして、またガン再発です。死ぬ人より残された家族のほうが、つらいと言いますが、私個人の意見は死ぬ人が一番つらいです。

死のカウントダウンが始まるのですから。生き残った人は運がいいとおもわなくてはいけません。

癌の原因は、ストレス・プレッシャー・運動不足・食生活・気が緩んだ時です。

家の母親が、定年退職したらガンになってしまいました。大腸がんでした。原因は、健康診断しなくなったのと、食生活が原因です。

母親は、茶色いものがすきで、野菜を一切採りません。それと水分補給もあまりしません。運動も苦手で便秘がちでした。

癌予防におススメな食物は畑でできた野菜です。ヨーグルトもいいですよ。万能です。危険なものは、山菜です。すべて発がん性物質です。近所の人から山に行ったから貰える場合危ないです。

ほうれん草とベーコンのバター炒めも発がん物質です。単品なら平気ですが。人間も大きく関わっています。嫌いな人や合わない人と一緒に居ると病気になります。

人生 一度しかないので無理して付き合うことはありません。合わせることもありません。癌になったひとは、まさか自分が・・・という感じです。悔しい気分で、生きてます。

二人に一人が、がんの時代というのは、医学が進歩して、がん以外の病気はほとんど治せるということでしょう。自分の好きな仕事で、収入を得て、嫌いなひととは、付き合わない。

今の自分はそうなので、ストレスがありません。じぶんでも長生きしそうな気がしてます。近い将来がん攻略治療法が、できてほしいですね。

-がん
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

がん治療の特徴と種類

ガンを治療するのはもちろん、患者さんの生命を絶たないようにするためですが、その他にもガンの進行を止めることや、ガンによって苦しい思いをさせないこと、自分らしく生きてもらうために治療が行われるケースもあ …

no image

日々新しいものが登場する抗がん剤

がんの治療の1つに抗がん剤を使った化学療法があります。 抗がん剤と聞くと点滴によるものを想像されるのではないでしょうか。 抗がん剤は注射だけでなく、内服のものもあり、日々新しいものも登場しその数は10 …

no image

がんの予防

身近な病気とは言っても、誰だってがんになりたくないですよね。 では、がんを予防することはできるのでしょうか。 がんの予防方法に関してはさまざまな情報があります。科学的根拠のあるものから根拠のないもの、 …

no image

「がん」とはどのような病気なのか?

最初に、がんを漢字にしてみると癌になりますが、細かくいってしまえば「がん」と「癌」は同じ意味ではありません。 癌は医学的に上皮細胞由来の悪性腫瘍のことを言います。 この上皮細胞というのは、臓器の上辺を …

no image

がんといかに付き合うか

高齢化や少子化などに伴い、日本人の2人に1人ががんになる時代です。 私もがんになるかもしれませんし、これを読んでいるあなたもしくはあなたの周りの人ががんになってもなんら不思議ではないのが現状です。 が …